るくみー午睡チェックについて

 

当園では、大切なお子様の命をしっかりとお守りできるよう、

0歳児のお昼寝時には「るくみー午睡チェック」を導入しております。

 

 

「るくみー午睡チェック」とは…

子ども達の睡眠状態を自動でチェックし、

お昼寝中に子どもの体動が停止したり、うつ伏せになってしまったら

アラートですぐに異常を知らせてくれます。

乳幼児突然死症候群(SIDS)の発生につながる

うつ伏せ寝や無呼吸の状態を知ることができます。

 

 

使い方もとっても簡単です。

まず、専用のiPadと個々の子どものセンサーを準備します。

 

 

そして、午睡センサーを子どものお洋服に付けるだけ。

このセンサーはクラス1の医療機器として届け出済みで、

人体には一切影響がないことが証明されています!

 

 

iPadでアプリを起動させると

体の向きや体動を読み取って表示してくれます。

 

 

 

 

保育士も午睡中は5分に一度見回りチェックを行っておりますが、

るくみー午睡チェックも用いることにより、

「人の目」と「ITの目」の両方で睡眠中の子どもたちを見守ることが出来ます!

 

一人一人の子どもと余裕をもって1秒でも長く寄り添えるようにとの思いで作られた

この「るくみー午睡チェック」を活かして

午睡中の子どもたちの安全が保たれるよう、より一層努めて参りたいと思います!!

 

 

ぐっすり眠って、スクスク大きくなってね♡

 

 

 

 

 


上に戻る